伝統的なレシピ

Trotter's ToGoが不思議に閉まる

Trotter's ToGoが不思議に閉まる

以前の噂にもかかわらず、小さなTrotter's ToGoは閉鎖されました

チャーリー・トロッターが食品業界から学界への出発を発表したとき、彼はチャーリー・トロッターが閉店する間、彼の小さなテイクアウト作戦であるトロッターのToGoは開いたままであるとほのめかしました。ふぅ!

さて、決定が変わったようです。タイムアウトシカゴは、シカゴの小さなテイクアウトスポットが週末に閉店したと報告し、トロッターはすぐに店を閉店すると発表してスタッフを驚かせました。 「私がこれをタイプすると、TTGのスタッフは店を片付け、機器をレストランのスペースに移動します」と、David Tamarkinは書いています。スタッフは、閉店について事前の知識がなかったと述べています。

Trotterの代表者はコメントの要求に答えていませんが、スタッフは誰も記録に残りませんでした。その間、To GoのWebサイトはダウンし、CharlieTrotterのレストランのWebサイトは8月17日の25周年までの日数をカウントダウンしています。CharlieTrotterの最後のディナーサービスとして、シカゴはしばらくの間Trotterなしで行く必要があるようです。 8月31日に開催されます。

Jessica Chouは、The DailyMealの副編集長です。 Twitterで彼女をフォローする @jesschou.


「ヒアセイから確かな証拠まで」:UFOは主流になりそうですか?

ニック・ポープは1990年代初頭に、英国国防省のUFOを調査し​​ました。めったに訪れない政府機関である「比喩的な地下室」に隔離された彼は、自分の仕事の分野がどのように見なされていたかをよく覚えています。

「私は廊下を歩き、人々はテーマ音楽を第3種の接近遭遇またはトワイライトゾーンのどちらかに口笛を吹くでしょう」と教皇はガーディアンに語った。

MoDでの彼の呪文の終わりに向かって、FBIエイリアンハンターのペアをフィーチャーした新しいサイエンスフィクションショーも人気が高まっていました。 「X-ファイルのテーマの曲が口笛を吹いたことも覚えています」と彼は言いました。

それから20年近くの間、UFOに対する態度はゆっくりと変化してきました。特に、主題が限界から主流になり、バラク・オバマ前大統領でさえその潜在的な存在について意見を述べているアメリカではそうです。

政府や愛好家によって「UAP」または未確認飛行物体としてブランド名が変更された2021年は、間違いなく、未知の飛行物体についての初めての真剣な議論を見てきました。 6月に国防総省はUAPについて知っていることについての待望のレポートをリリースする予定であり、その開示についての興奮は5月の60Minutesニュースショーで彼らの経験を共有するために前に来る多くの目撃者によって煽られました。

オバマ氏は、今月のUAPと国防総省の報告についての彼の考えを追加する多くの公人の1人でした。

バラク・オバマ:「映像と記録があります。」写真:ラリー・マラノ/レックス/シャッターストック

「空にある物体の映像と記録がありますが、それらが何であるか正確にはわかりません。それらがどのように動いたか、それらの軌道を説明することはできません」とオバマ氏はCBSとのインタビューで述べました。 「彼らは簡単に説明できるパターンを持っていませんでした。ですから、人々はそれが何であるかを調査し、理解しようと真剣に取り組んでいると思います。」

共和党の上院議員マルコ・ルビオが60 Minutesに語った、UAPに関する議論の誠実さは、「私たちはそれを真剣に受け止め、真剣に受け止めるプロセスを持ってほしい」と教皇がかつて直面した嫉妬とはかけ離れている。

では、アメリカでは何が変わったのでしょうか。

「過去3年間で、それは単なる伝聞よりも高くなり、確固たる証拠になりました」と、現在アリゾナに拠点を置く教皇は言いました。 「これらのものとの遭遇に関与した軍のパイロットからの証言だけでなく、レーダーデータと誰もが見た赤外線カメラのビデオ。」

近年、2004年にサンディエゴ近くの空を飛んでいる長方形の物体を示した海軍のF-18戦闘機からの映像を含む、UAPを示す一連の政府のビデオがリリースされました。

この4月に海軍の職員が撮影した写真とビデオがオンラインでリークされ、三角形のオブジェクトが空を飛び交う様子が映し出されました。5月にリークされた軍事映像では、サンディエゴの海軍艦艇の近くに楕円形の飛行物体が映っていました。これは明らかにUAPのホットスポットです。

海軍のメンバーはUAPを頻繁に見たため、遭遇は当たり前になったと、引退した海軍パイロットのライアン・グレイブスは60Minutesに語った。

「毎日」とグレイブスは言った。 「少なくとも2年間は毎日。」

パイロットや他の人がUAPの経験を報告できる非営利団体、異常現象に関する全国航空報告センターを運営しているテッド・ローにとって、これは彼がすでに知っていたことの確認にすぎませんでした。

この写真は、21歳の米国沿岸警備隊が実験室の窓から撮影したもので、1952年8月にマサチューセッツ州セーラムで、4つの未確認飛行物体が空に明るい光として映っています。写真:Popperfoto

「それは私をまったく驚かせません」とRoeは言いました。 「世界のどこかで毎日これが起こっています-それは毎日着実に現れています。そして、現在および以前の軍のチラシとの個人的な会話から、私が得た報告は、パイロットの報告に関しては、明らかに氷山の一角であると感じています。」

しかし、UAPをめぐるタブーの明らかな緩和のすべてについて、Roeはまだスティグマがあると言います。

「今でも、このテーマで自分のキャリアや評判を危険にさらすことをいとわない人はいない」とロー氏は語った。 「パイロットは引退するまで私たちに連絡しません。数年前に起こったものと比べて、私が得た最近のケースはほぼ50-50であり、彼らは飛行状態を失うことになるので、そして彼らは彼らのことを心配していたので話したくなかったと思いますキャリア。"

政府(すべての政府)は、以前はUAPを監視していることを認めることにさえ消極的でした。

2007年、米国国防総省はUFOを調査するために「高度な航空宇宙脅威識別プログラム」を開始しました。その努力は非常に秘密主義だったので、ニューヨークタイムズの調査の後、10年後に国民はそれを知っただけでした。

しかし、リークされた、または公式に公開された映像が広がるにつれて、一般市民や政治家からの透明性に対する要求が高まり、CIAは2021年1月にUAPに関する何千もの文書を公開するようになりました。

上院情報委員会の副委員長であるルビオは特に大きな声を上げており、2021会計年度の情報承認法を署名された2.3兆ドルのコロナウイルス救済支出法案に押し込むことに成功した選出された役人のグループの一員でした。 12月にドナルドトランプによって法制化されました。

2020年4月28日に取得されたこのビデオグラブ画像は、海軍パイロットが撮影した未分類のビデオの一部を示しており、「未確認飛行物体」との相互作用を示しています。写真:ゲッティイメージズ経由のDoD / AFP

その法律は、政府機関に、未確認飛行物体のデータとインテリジェンスの機密解除された「詳細な分析」と、UFOを報告するための「省庁間プロセスの詳細な説明」を提供するように命じました。レポートは6月25日までに提出する必要があります。

「私たちが国の防衛を委託した男性と女性は、優れた能力を備えた正体不明の航空機との遭遇を報告しています」とルビオは5月中旬にタンパベイタイムズに語った。

「私たちは、UFOの柱頭が私たちがこれを真剣に調査することを妨げることを許すことはできません。今後のレポートはそのプロセスの1つのステップですが、最後ではありません。」

最近のビデオの急増とレポートの差し迫ったリリースは、何年も見られなかった正体不明の飛行物の周りの興奮に火をつけました。教皇は、しかしながら、諜報機関からの何年にもわたる傲慢の後、人々は政府が釈放することを期待すべきではないと警告した。 すべての 空にあるこれらの不思議な物体について知っています。

「報告書は機密扱いでない必要がありますが、機密扱いの別館がある可能性があるため、機密扱いでない報告書ではなく、機密扱いの別館に地球を破壊する事実が含まれる可能性が高いです」と教皇は述べました。

彼は次のように付け加えました。「だから人々は興奮しているべきですが、あまり興奮してはいけません。それらは実用的である必要があり、少しの期待管理が役立つかもしれません。」


「ヒアセイから確かな証拠まで」:UFOは主流になりそうですか?

ニック・ポープは1990年代初頭に、英国国防省のUFOを調査し​​ました。めったに訪れない政府機関である「比喩的な地下室」に隔離された彼は、自分の仕事の分野がどのように見なされていたかをよく覚えています。

「私は廊下を歩き、人々はテーマ音楽を第3種の接近遭遇またはトワイライトゾーンのどちらかに口笛を吹くでしょう」と教皇はガーディアンに語った。

MoDでの彼の呪文の終わりに向かって、FBIエイリアンハンターのペアをフィーチャーした新しいサイエンスフィクションショーも人気が高まっていました。 「X-ファイルのテーマの曲が口笛を吹いたことも覚えています」と彼は言いました。

それから20年近くの間、UFOに対する態度はゆっくりと変化してきました。特に、主題が限界から主流になり、バラク・オバマ前大統領でさえその潜在的な存在について意見を述べているアメリカではそうです。

政府や愛好家によって「UAP」または未確認飛行物体としてブランド名が変更された2021年は、間違いなく、未知の飛行物体についての初めての真剣な議論を見てきました。 6月に国防総省はUAPについて知っていることについての待望のレポートをリリースする予定であり、その開示についての興奮は5月の60Minutesニュースショーで彼らの経験を共有するために前に来る多くの目撃者によって煽られました。

オバマ氏は、今月のUAPと国防総省の報告についての彼の考えを追加する多くの公人の1人でした。

バラク・オバマ:「映像と記録があります。」写真:ラリー・マラノ/レックス/シャッターストック

オバマ氏はCBSとのインタビューで、「空には物体の映像と記録があり、それらが何であるか正確にはわからない。それらがどのように動いたか、その軌道を説明することはできない」と述べた。 「彼らは簡単に説明できるパターンを持っていませんでした。ですから、人々はそれが何であるかを調査し、理解しようと真剣に取り組んでいると思います。」

共和党の上院議員マルコ・ルビオが60 Minutesに語った、UAPに関する議論の誠実さは、「私たちはそれを真剣に受け止め、真剣に受け止めるプロセスを持ってほしい」と教皇がかつて直面した嫉妬とはかけ離れている。

では、アメリカでは何が変わったのでしょうか。

「過去3年間で、それは単なる伝聞よりも高くなり、確固たる証拠になりました」と、現在アリゾナに拠点を置く教皇は言いました。 「これらのものとの遭遇に関与した軍のパイロットからの証言だけでなく、レーダーデータと誰もが見た赤外線カメラのビデオ。」

近年、2004年にサンディエゴ近くの空を飛んでいる長方形の物体を示した海軍のF-18戦闘機からの映像を含む、UAPを示す一連の政府のビデオがリリースされました。

この4月に海軍の職員が撮影した写真とビデオがオンラインでリークされ、三角形のオブジェクトが空を飛び交う様子が映し出されました。5月にリークされた軍事映像では、サンディエゴの海軍艦艇の近くに楕円形の飛行物体が映っていました。これは明らかにUAPのホットスポットです。

海軍のメンバーはUAPを頻繁に見たため、遭遇は当たり前になったと、引退した海軍パイロットのライアン・グレイブスは60Minutesに語った。

「毎日」とグレイブスは言った。 「少なくとも2年間は毎日。」

パイロットや他の人がUAPの経験を報告できる非営利団体、異常現象に関する全国航空報告センターを運営しているテッド・ローにとって、これは彼がすでに知っていたことの確認にすぎませんでした。

この写真は、21歳の米国沿岸警備隊が実験室の窓から撮影したもので、1952年8月にマサチューセッツ州セーラムで、4つの未確認飛行物体が明るい光として空を飛んでいる様子を示しています。写真:Popperfoto

「それは私をまったく驚かせません」とRoeは言いました。 「世界のどこかで毎日これが起こっています-それは毎日着実に現れています。そして、現在および以前の軍のチラシとの個人的な会話から、私が得た報告は、パイロットの報告に関しては、明らかに氷山の一角であると感じています。」

しかし、UAPをめぐるタブーの明らかな緩和のすべてについて、Roeはまだスティグマがあると言います。

「今でも、このテーマで自分のキャリアや評判を危険にさらすことをいとわない人はいない」とロー氏は語った。 「パイロットは引退するまで私たちに連絡しません。数年前に起こったものと比べて、私が得た最近のケースはほぼ50-50であり、彼らは飛行状態を失うことになるので、そして彼らは彼らのことを心配していたので話したくなかったと思いますキャリア。"

政府(すべての政府)は、以前はUAPを監視していることを認めることにさえ消極的でした。

2007年、米国国防総省はUFOを調査するために「高度な航空宇宙脅威識別プログラム」を開始しました。その努力は非常に秘密主義だったので、ニューヨークタイムズの調査の後、10年後に国民はそれを知っただけでした。

しかし、リークされた、または公式に公開された映像が広がるにつれて、一般市民や政治家からの透明性に対する要求が高まり、CIAは2021年1月にUAPに関する何千もの文書を公開するようになりました。

上院情報委員会の副委員長であるルビオは特に大きな声を上げており、2021会計年度の情報承認法を署名された2.3兆ドルのコロナウイルス救済支出法案に押し込むことに成功した選出された役人のグループの一員でした。 12月にドナルドトランプによって法制化されました。

2020年4月28日に取得されたこのビデオグラブ画像は、海軍パイロットが撮影した未分類のビデオの一部を示しており、「未確認飛行物体」との相互作用を示しています。写真:ゲッティイメージズ経由のDoD / AFP

その法律は、政府機関に、未確認飛行物体のデータとインテリジェンスの機密解除された「詳細な分析」と、UFOを報告するための「省庁間プロセスの詳細な説明」を提供するように命じました。レポートは6月25日までに提出する必要があります。

「私たちが国の防衛を委託した男性と女性は、優れた能力を備えた正体不明の航空機との遭遇を報告しています」とルビオは5月中旬にタンパベイタイムズに語った。

「私たちは、UFOの柱頭が私たちがこれを真剣に調査することを妨げることを許すことはできません。今後のレポートはそのプロセスの1つのステップですが、最後ではありません。」

最近のビデオの急増とレポートの差し迫ったリリースは、何年も見られなかった正体不明の飛行物の周りの興奮に火をつけました。教皇は、しかしながら、諜報機関からの何年にもわたる傲慢の後、人々は政府が釈放することを期待すべきではないと警告した。 すべての 空にあるこれらの不思議な物体について知っています。

「報告書は機密扱いでない必要がありますが、機密扱いの別館がある可能性があるため、機密扱いでない報告書ではなく、機密扱いの別館に地球を破壊する事実が含まれる可能性が高いです」と教皇は述べました。

彼は次のように付け加えました。「だから人々は興奮しているべきですが、あまり興奮してはいけません。それらは実用的である必要があり、少しの期待管理が役立つかもしれません。」


「ヒアセイから確かな証拠まで」:UFOは主流になりそうですか?

ニック・ポープは1990年代初頭に、英国国防省のUFOを調査し​​ました。めったに訪れない政府機関である「比喩的な地下室」に隔離された彼は、自分の仕事の分野がどのように見なされていたかをよく覚えています。

「私は廊下を歩き、人々はテーマ音楽を第3種の接近遭遇またはトワイライトゾーンのどちらかに口笛を吹くでしょう」と教皇はガーディアンに語った。

MoDでの彼の呪文の終わりに向かって、FBIエイリアンハンターのペアをフィーチャーした新しいサイエンスフィクションショーも人気が高まっていました。 「X-ファイルのテーマの曲が口笛を吹いたことも覚えています」と彼は言いました。

それから20年近くの間、UFOに対する態度はゆっくりと変化してきました。特に、主題が限界から主流になり、バラク・オバマ前大統領でさえその潜在的な存在について意見を述べているアメリカではそうです。

政府や愛好家によって「UAP」または未確認飛行物体としてブランド名が変更された2021年は、間違いなく、未知の飛行物体についての初めての真剣な議論を見てきました。 6月に国防総省はUAPについて知っていることについての待望のレポートをリリースする予定であり、その開示についての興奮は5月の60Minutesニュースショーで彼らの経験を共有するために前に来る多くの目撃者によって煽られました。

オバマ氏は、今月のUAPと国防総省の報告についての彼の考えを追加する多くの公人の1人でした。

バラク・オバマ:「映像と記録があります。」写真:ラリー・マラノ/レックス/シャッターストック

オバマ氏はCBSとのインタビューで、「空には物体の映像と記録があり、それらが何であるか正確にはわからない。それらがどのように動いたか、その軌道を説明することはできない」と述べた。 「彼らは簡単に説明できるパターンを持っていませんでした。ですから、人々はそれが何であるかを調査し、理解しようと真剣に取り組んでいると思います。」

共和党の上院議員マルコ・ルビオが60 Minutesに語った、UAPに関する議論の誠実さは、「私たちはそれを真剣に受け止め、真剣に受け止めるプロセスを持ってほしい」と教皇がかつて直面した嫉妬とはかけ離れている。

では、アメリカでは何が変わったのでしょうか。

「過去3年間で、それは単なる伝聞よりも高くなり、確固たる証拠になりました」と、現在アリゾナに拠点を置く教皇は言いました。 「これらのものとの遭遇に関与した軍のパイロットからの証言だけでなく、レーダーデータと誰もが見た赤外線カメラのビデオ。」

近年、2004年にサンディエゴ近くの空を飛んでいる長方形の物体を示した海軍のF-18戦闘機からの映像を含む、UAPを示す一連の政府のビデオがリリースされました。

この4月に海軍の職員が撮影した写真とビデオがオンラインでリークされ、三角形のオブジェクトが空を飛び交う様子が映し出されました。5月にリークされた軍事映像では、サンディエゴの海軍艦艇の近くに楕円形の飛行物体が映っていました。これは明らかにUAPのホットスポットです。

海軍のメンバーはUAPを頻繁に見たため、遭遇は当たり前になったと、引退した海軍パイロットのライアン・グレイブスは60Minutesに語った。

「毎日」とグレイブスは言った。 「少なくとも2年間は毎日。」

パイロットや他の人がUAPの経験を報告できる非営利団体、異常現象に関する全国航空報告センターを運営しているテッド・ローにとって、これは彼がすでに知っていたことの確認にすぎませんでした。

この写真は、21歳の米国沿岸警備隊が実験室の窓から撮影したもので、1952年8月にマサチューセッツ州セーラムで、4つの未確認飛行物体が明るい光として空を飛んでいる様子を示しています。写真:Popperfoto

「それは私をまったく驚かせません」とRoeは言いました。 「世界のどこかで毎日これが起こっています-それは毎日着実に現れています。そして、現在および以前の軍のチラシとの個人的な会話から、私が得た報告は、パイロットの報告に関しては、明らかに氷山の一角であると感じています。」

しかし、UAPをめぐるタブーの明らかな緩和のすべてについて、Roeはまだスティグマがあると言います。

「今でも、このテーマで自分のキャリアや評判を危険にさらすことをいとわない人はいない」とロー氏は語った。 「パイロットは引退するまで私たちに連絡しません。数年前に起こったものと比べて、私が得た最近のケースはほぼ50-50であり、彼らは飛行状態を失うことになるので、そして彼らは彼らのことを心配していたので話したくなかったと思いますキャリア。"

政府(すべての政府)は、以前はUAPを監視していることを認めることにさえ消極的でした。

2007年、米国国防総省はUFOを調査するために「高度な航空宇宙脅威識別プログラム」を開始しました。その努力は非常に秘密主義だったので、ニューヨークタイムズの調査の後、10年後に国民はそれを知っただけでした。

しかし、リークされた、または公式に公開された映像が広がるにつれて、一般市民や政治家からの透明性に対する要求が高まり、CIAは2021年1月にUAPに関する何千もの文書を公開するようになりました。

上院情報委員会の副委員長であるルビオは特に大きな声を上げており、2021会計年度の情報承認法を署名された2.3兆ドルのコロナウイルス救済支出法案に押し込むことに成功した選出された役人のグループの一員でした。 12月にドナルドトランプによって法制化されました。

2020年4月28日に取得されたこのビデオグラブ画像は、海軍パイロットが撮影した未分類のビデオの一部を示しており、「未確認飛行物体」との相互作用を示しています。写真:ゲッティイメージズ経由のDoD / AFP

その法律は、政府機関に、未確認飛行物体のデータとインテリジェンスの機密解除された「詳細な分析」と、UFOを報告するための「省庁間プロセスの詳細な説明」を提供するように命じました。レポートは6月25日までに提出する必要があります。

「私たちが国の防衛を委託した男性と女性は、優れた能力を備えた正体不明の航空機との遭遇を報告しています」とルビオは5月中旬にタンパベイタイムズに語った。

「私たちは、UFOの柱頭が私たちがこれを真剣に調査することを妨げることを許すことはできません。今後のレポートはそのプロセスの1つのステップですが、最後ではありません。」

最近のビデオの急増とレポートの差し迫ったリリースは、何年も見られなかった正体不明の飛行物の周りの興奮に火をつけました。教皇は、しかしながら、諜報機関からの何年にもわたる傲慢の後、人々は政府が釈放することを期待すべきではないと警告した。 すべての 空にあるこれらの不思議な物体について知っています。

「報告書は機密扱いでない必要がありますが、機密扱いの別館がある可能性があるため、機密扱いでない報告書ではなく、機密扱いの別館に地球を破壊する事実が含まれる可能性が高いです」と教皇は述べました。

彼は次のように付け加えました。「だから人々は興奮しているべきですが、あまり興奮してはいけません。それらは実用的である必要があり、少しの期待管理が役立つかもしれません。」


「ヒアセイから確かな証拠まで」:UFOは主流になりそうですか?

ニック・ポープは1990年代初頭に、英国国防省のUFOを調査し​​ました。めったに訪れない政府機関である「比喩的な地下室」に隔離された彼は、自分の仕事の分野がどのように見なされていたかをよく覚えています。

「私は廊下を歩き、人々はテーマ音楽を第3種の接近遭遇またはトワイライトゾーンのどちらかに口笛を吹くでしょう」と教皇はガーディアンに語った。

MoDでの彼の呪文の終わりに向かって、FBIエイリアンハンターのペアをフィーチャーした新しいサイエンスフィクションショーも人気が高まっていました。 「X-ファイルのテーマの曲が口笛を吹いたことも覚えています」と彼は言いました。

それから20年近くの間、UFOに対する態度はゆっくりと変化してきました。特に、主題が限界から主流になり、バラク・オバマ前大統領でさえその潜在的な存在について意見を述べているアメリカではそうです。

政府や愛好家によって「UAP」または未確認飛行物体としてブランド名が変更された2021年は、間違いなく、未知の飛行物体についての初めての真剣な議論を見てきました。 6月に国防総省はUAPについて知っていることについての待望のレポートをリリースする予定であり、その開示についての興奮は5月の60Minutesニュースショーで彼らの経験を共有するために前に来る多くの目撃者によって煽られました。

オバマ氏は、今月のUAPと国防総省の報告についての彼の考えを追加する多くの公人の1人でした。

バラク・オバマ:「映像と記録があります。」写真:ラリー・マラノ/レックス/シャッターストック

オバマ氏はCBSとのインタビューで、「空には物体の映像と記録があり、それらが何であるか正確にはわからない。それらがどのように動いたか、その軌道を説明することはできない」と述べた。 「彼らは簡単に説明できるパターンを持っていませんでした。ですから、人々はそれが何であるかを調査し、理解しようと真剣に取り組んでいると思います。」

共和党の上院議員マルコ・ルビオが60 Minutesに語った、UAPに関する議論の誠実さは、「私たちはそれを真剣に受け止め、真剣に受け止めるプロセスを持ってほしい」と教皇がかつて直面した嫉妬とはかけ離れている。

では、アメリカでは何が変わったのでしょうか。

「過去3年間で、それは単なる伝聞を超えて上昇し、確固たる証拠になりました」と現在アリゾナに拠点を置く教皇は言いました。 「これらのものとの遭遇に関与した軍のパイロットからの証言だけでなく、レーダーデータと誰もが見た赤外線カメラのビデオ。」

近年、2004年にサンディエゴ近くの空を飛んでいる長方形の物体を示した海軍のF-18戦闘機からの映像を含む、UAPを示す一連の政府のビデオがリリースされました。

この4月に海軍の職員が撮影した写真とビデオがオンラインでリークされ、三角形のオブジェクトが空を飛び交う様子が映し出されました。5月にリークされた軍事映像では、サンディエゴの海軍艦艇の近くに楕円形の飛行物体が映っていました。これは明らかにUAPのホットスポットです。

海軍のメンバーはUAPを頻繁に見たため、遭遇は当たり前になったと、引退した海軍パイロットのライアン・グレイブスは60Minutesに語った。

「毎日」とグレイブスは言った。 「少なくとも2年間は毎日。」

パイロットや他の人がUAPの経験を報告できる非営利団体、異常現象に関する全国航空報告センターを運営しているテッド・ローにとって、これは彼がすでに知っていたことの確認にすぎませんでした。

この写真は、21歳の米国沿岸警備隊が実験室の窓から撮影したもので、1952年8月にマサチューセッツ州セーラムで、4つの未確認飛行物体が空に明るい光として映っています。写真:Popperfoto

「それは私をまったく驚かせません」とRoeは言いました。 「世界のどこかで毎日これが起こっています-それは毎日着実に現れています。そして、現在および以前の軍のチラシとの個人的な会話から、私が得た報告は、パイロットの報告に関しては、明らかに氷山の一角であると感じています。」

しかし、UAPをめぐるタブーの明らかな緩和のすべてについて、Roeはまだスティグマがあると言います。

「今でも、このテーマで自分のキャリアや評判を危険にさらすことをいとわない人はいない」とロー氏は語った。 「パイロットは引退するまで私たちに連絡しません。数年前に起こったものと比べて、私が得た最近のケースはほぼ50-50であり、彼らは飛行状態を失うことになるので、そして彼らは彼らのことを心配していたので話したくなかったと思いますキャリア。"

政府(すべての政府)は、以前はUAPを監視していることを認めることにさえ消極的でした。

2007年、米国国防総省はUFOを調査するために「高度な航空宇宙脅威識別プログラム」を開始しました。その努力は非常に秘密主義だったので、ニューヨークタイムズの調査の後、10年後に国民はそれを知っただけでした。

しかし、リークされた、または公式に公開された映像が広がるにつれて、一般市民や政治家からの透明性に対する要求が高まり、CIAは2021年1月にUAPに関する何千もの文書を公開するようになりました。

上院情報委員会の副委員長であるルビオは特に大きな声を上げており、2021会計年度の情報承認法を署名された2.3兆ドルのコロナウイルス救済支出法案に押し込むことに成功した選出された役人のグループの一員でした。 12月にドナルドトランプによって法制化されました。

2020年4月28日に取得されたこのビデオグラブ画像は、海軍パイロットが撮影した未分類のビデオの一部を示しており、「未確認飛行物体」との相互作用を示しています。写真:ゲッティイメージズ経由のDoD / AFP

その法律は、政府機関に、未確認飛行物体のデータとインテリジェンスの機密解除された「詳細な分析」と、UFOを報告するための「省庁間プロセスの詳細な説明」を提供するように命じました。レポートは6月25日までに提出する必要があります。

「私たちが国の防衛を委託した男性と女性は、優れた能力を備えた正体不明の航空機との遭遇を報告しています」とルビオは5月中旬にタンパベイタイムズに語った。

「私たちは、UFOの柱頭が私たちがこれを真剣に調査することを妨げることを許すことはできません。今後のレポートはそのプロセスの1つのステップですが、最後ではありません。」

最近のビデオの急増とレポートの差し迫ったリリースは、何年も見られなかった正体不明の飛行物の周りの興奮に火をつけました。教皇は、しかしながら、諜報機関からの何年にもわたる傲慢の後、人々は政府が釈放することを期待すべきではないと警告した。 すべての 空にあるこれらの不思議な物体について知っています。

「報告書は機密扱いでない必要がありますが、機密扱いの別館がある可能性があるため、機密扱いでない報告書ではなく、機密扱いの別館に地球を破壊する事実が含まれる可能性が高いです」と教皇は述べました。

彼は次のように付け加えました。「だから人々は興奮しているべきですが、あまり興奮してはいけません。それらは実用的である必要があり、少しの期待管理が役立つかもしれません。」


「ヒアセイから確かな証拠まで」:UFOは主流になりそうですか?

ニック・ポープは1990年代初頭に、英国国防省のUFOを調査し​​ました。めったに訪れない政府機関である「比喩的な地下室」に隔離された彼は、自分の仕事の分野がどのように見なされていたかをよく覚えています。

「私は廊下を歩き、人々はテーマ音楽を第3種の接近遭遇またはトワイライトゾーンのどちらかに口笛を吹くでしょう」と教皇はガーディアンに語った。

MoDでの彼の呪文の終わりに向かって、FBIエイリアンハンターのペアをフィーチャーした新しいサイエンスフィクションショーも人気が高まっていました。 「X-ファイルのテーマの曲が口笛を吹いたことも覚えています」と彼は言いました。

それから20年近くの間、UFOに対する態度はゆっくりと変化してきました。特に、主題が限界から主流になり、バラク・オバマ前大統領でさえその潜在的な存在について意見を述べているアメリカではそうです。

政府や愛好家によって「UAP」または未確認飛行物体としてブランド名が変更された2021年は、間違いなく、未知の飛行物体についての初めての真剣な議論を見てきました。 6月に国防総省はUAPについて知っていることについての待望のレポートをリリースする予定であり、その開示についての興奮は5月の60Minutesニュースショーで彼らの経験を共有するために前に来る多くの目撃者によって煽られました。

オバマ氏は、今月のUAPと国防総省の報告についての彼の考えを追加する多くの公人の1人でした。

バラク・オバマ:「映像と記録があります。」写真:ラリー・マラノ/レックス/シャッターストック

オバマ氏はCBSとのインタビューで、「空には物体の映像と記録があり、それらが何であるか正確にはわからない。それらがどのように動いたか、その軌道を説明することはできない」と述べた。 「彼らは簡単に説明できるパターンを持っていませんでした。ですから、人々はそれが何であるかを調査し、理解しようと真剣に取り組んでいると思います。」

共和党の上院議員マルコ・ルビオが60 Minutesに語った、UAPに関する議論の誠実さは、「私たちはそれを真剣に受け止め、真剣に受け止めるプロセスを持ってほしい」と教皇がかつて直面した嫉妬とはかけ離れている。

では、アメリカでは何が変わったのでしょうか。

“In the last three years it has been elevated above just hearsay and segued into hard evidence,” said Pope, who is now based in Arizona, said. “Not just the testimony from military pilots who’ve been involved in encounters with these things, but radar data and the infra-red camera videos that everyone’s seen.”

In recent years a series of government videos showing UAPs, have been released, including footage from a navy F-18 fighter jet which showed an oblong object flying through the sky near San Diego in 2004.

This April photos and videos taken by navy personnel were leaked online, showing triangular-shaped objects buzzing around in the sky, and in May leaked military footage showed an oval flying object near a navy ship in San Diego – an apparent UAP hotspot.

Members of the navy saw UAPs so frequently that the encounters became commonplace, Ryan Graves, a retired navy pilot, told 60 Minutes.

“Every day,” Graves said. “Every day for at least a couple years.”

For Ted Roe, who runs the National Aviation Reporting Center on Anomalous Phenomena, a non-profit where pilots or others can report their experiences with UAPs, this was merely confirmation of what he already knew.

This picture, taken through the window of a laboratory by a 21-year-old US coastguard, shows four unidentified flying objects as bright lights in the sky, at Salem, Massachusetts, in August 1952. Photograph: Popperfoto

“That doesn’t surprise me at all,” Roe said. “Somewhere in the world every day this is happening – it manifests steadily, daily. And from my private conversations with current and former military fliers I feel that the reports that I get – as far as pilot reports – are clearly the tip of the iceberg.”

But for all the apparent easing of taboo around UAPs, Roe says there is still a stigma.

“Nobody is willing to risk their careers or reputation on this subject, even now,” Roe said. “Pilots won’t contact us until they retire. I’d say it’s almost 50-50, the cases I get, that are more recent, versus those that happened years ago and they didn’t want to talk about because they would lose their flight status, and because they were worried about their careers.”

The government – all governments – have previously been reluctant to even acknowledge that they monitor UAPs.

In 2007 the US defense department launched an “Advanced aerospace threat identification program” to investigate UFOs. The effort was so secretive that the public was only made aware of it 10 years later, after a New York Times investigation.

As leaked or officially published footage has spread, however, demands for transparency from the public and politicians has grown, prompting the CIA to release thousands of documents on UAPs in January 2021.

Rubio, the vice-chair of the Senate intelligence committee, has been a particularly loud voice, and he was part of a group of elected officials who succeeded in thrusting the Intelligence Authorization Act for fiscal year 2021 into the $2.3tn coronavirus relief spending bill signed into law by Donald Trump in December.

This video grab image obtained 28 April 2020 shows part of an unclassified video taken by navy pilots showing interactions with ‘unidentified aerial phenomena’. Photograph: DoD/AFP via Getty Images

That act ordered government agencies to provide a declassified “detailed analysis of unidentified aerial phenomena data and intelligence”, and “a detailed description of an interagency process” for reporting UFOs. The report must be handed over by 25 June.

“Men and women we have entrusted with the defense of our country are reporting encounters with unidentified aircraft with superior capabilities,” Rubio told the Tampa Bay Times in mid-May.

“We cannot allow the stigma of UFOs to keep us from seriously investigating this. The forthcoming report is one step in that process, but it will not be the last.”

The flurry of recent videos and the imminent release of the report has ignited an excitement around unidentified flying things not seen for years. Pope warned, however, that after years of furtiveness from intelligence agencies, people should not expect the government to release すべての it knows about these mysterious objects in the sky.

“The report must be unclassified, but it could have a classified annex, so there’s a strong possibility that any earth-shattering facts will be in that classified annex, rather than the unclassified report,” Pope said.

He added: “So people should be excited, but not too excited. They should be pragmatic, and a little expectation management might be useful.”


‘From hearsay to hard evidence’: are UFOs about to go mainstream?

N ick Pope spent the early 1990s investigating UFOs for the British ministry of defence. Sequestered in a rarely visited government office – the “metaphorical basement” – he well remembers how his field of work was regarded.

“I would walk down the corridor and people would whistle the theme music to either Close Encounters of the Third Kind or the Twilight Zone,” Pope told the Guardian.

Towards the end of his spell at the MoD, a new science fiction show featuring a pair of FBI alien hunters was also growing in popularity. “I do recall the X-Files theme tune being whistled, too,” he said.

In the nearly two decades since then, attitudes towards UFOs have slowly been changing, especially in America where the subject matter has gone from the margins to the mainstream, with even former president Barack Obama opining on their potential existence.

Rebranded by governments and enthusiasts as “UAPs”, or unidentified aerial phenomena, 2021 has seen arguably the first ever serious discussion of unknown flying things. In June the Pentagon is set to release a highly anticipated report on what it knows about UAPs, and the excitement about that disclosure has been fueled by a slew of witnesses coming forward to share their experiences with the 60 Minutes news show in May.

Obama was among many public figures to add his thoughts on UAPs and the Pentagon report this month.

Barack Obama: ‘There’s footage and records.’ Photograph: Larry Marano/Rex/Shutterstock

“There’s footage and records of objects in the skies, that we don’t know exactly what they are, we can’t explain how they moved, their trajectory,” Obama said in an interview with CBS. “They did not have an easily explainable pattern. And so, you know I think that people still take seriously trying to investigate and figure out what that is.”

The sincerity of the discussion around UAPs – “I want us to take it seriously and have a process to take it seriously,” the Republican senator Marco Rubio told 60 Minutes – is a far cry from the jeers Pope once faced.

So what has changed in America?

“In the last three years it has been elevated above just hearsay and segued into hard evidence,” said Pope, who is now based in Arizona, said. “Not just the testimony from military pilots who’ve been involved in encounters with these things, but radar data and the infra-red camera videos that everyone’s seen.”

In recent years a series of government videos showing UAPs, have been released, including footage from a navy F-18 fighter jet which showed an oblong object flying through the sky near San Diego in 2004.

This April photos and videos taken by navy personnel were leaked online, showing triangular-shaped objects buzzing around in the sky, and in May leaked military footage showed an oval flying object near a navy ship in San Diego – an apparent UAP hotspot.

Members of the navy saw UAPs so frequently that the encounters became commonplace, Ryan Graves, a retired navy pilot, told 60 Minutes.

“Every day,” Graves said. “Every day for at least a couple years.”

For Ted Roe, who runs the National Aviation Reporting Center on Anomalous Phenomena, a non-profit where pilots or others can report their experiences with UAPs, this was merely confirmation of what he already knew.

This picture, taken through the window of a laboratory by a 21-year-old US coastguard, shows four unidentified flying objects as bright lights in the sky, at Salem, Massachusetts, in August 1952. Photograph: Popperfoto

“That doesn’t surprise me at all,” Roe said. “Somewhere in the world every day this is happening – it manifests steadily, daily. And from my private conversations with current and former military fliers I feel that the reports that I get – as far as pilot reports – are clearly the tip of the iceberg.”

But for all the apparent easing of taboo around UAPs, Roe says there is still a stigma.

“Nobody is willing to risk their careers or reputation on this subject, even now,” Roe said. “Pilots won’t contact us until they retire. I’d say it’s almost 50-50, the cases I get, that are more recent, versus those that happened years ago and they didn’t want to talk about because they would lose their flight status, and because they were worried about their careers.”

The government – all governments – have previously been reluctant to even acknowledge that they monitor UAPs.

In 2007 the US defense department launched an “Advanced aerospace threat identification program” to investigate UFOs. The effort was so secretive that the public was only made aware of it 10 years later, after a New York Times investigation.

As leaked or officially published footage has spread, however, demands for transparency from the public and politicians has grown, prompting the CIA to release thousands of documents on UAPs in January 2021.

Rubio, the vice-chair of the Senate intelligence committee, has been a particularly loud voice, and he was part of a group of elected officials who succeeded in thrusting the Intelligence Authorization Act for fiscal year 2021 into the $2.3tn coronavirus relief spending bill signed into law by Donald Trump in December.

This video grab image obtained 28 April 2020 shows part of an unclassified video taken by navy pilots showing interactions with ‘unidentified aerial phenomena’. Photograph: DoD/AFP via Getty Images

That act ordered government agencies to provide a declassified “detailed analysis of unidentified aerial phenomena data and intelligence”, and “a detailed description of an interagency process” for reporting UFOs. The report must be handed over by 25 June.

“Men and women we have entrusted with the defense of our country are reporting encounters with unidentified aircraft with superior capabilities,” Rubio told the Tampa Bay Times in mid-May.

“We cannot allow the stigma of UFOs to keep us from seriously investigating this. The forthcoming report is one step in that process, but it will not be the last.”

The flurry of recent videos and the imminent release of the report has ignited an excitement around unidentified flying things not seen for years. Pope warned, however, that after years of furtiveness from intelligence agencies, people should not expect the government to release すべての it knows about these mysterious objects in the sky.

“The report must be unclassified, but it could have a classified annex, so there’s a strong possibility that any earth-shattering facts will be in that classified annex, rather than the unclassified report,” Pope said.

He added: “So people should be excited, but not too excited. They should be pragmatic, and a little expectation management might be useful.”


‘From hearsay to hard evidence’: are UFOs about to go mainstream?

N ick Pope spent the early 1990s investigating UFOs for the British ministry of defence. Sequestered in a rarely visited government office – the “metaphorical basement” – he well remembers how his field of work was regarded.

“I would walk down the corridor and people would whistle the theme music to either Close Encounters of the Third Kind or the Twilight Zone,” Pope told the Guardian.

Towards the end of his spell at the MoD, a new science fiction show featuring a pair of FBI alien hunters was also growing in popularity. “I do recall the X-Files theme tune being whistled, too,” he said.

In the nearly two decades since then, attitudes towards UFOs have slowly been changing, especially in America where the subject matter has gone from the margins to the mainstream, with even former president Barack Obama opining on their potential existence.

Rebranded by governments and enthusiasts as “UAPs”, or unidentified aerial phenomena, 2021 has seen arguably the first ever serious discussion of unknown flying things. In June the Pentagon is set to release a highly anticipated report on what it knows about UAPs, and the excitement about that disclosure has been fueled by a slew of witnesses coming forward to share their experiences with the 60 Minutes news show in May.

Obama was among many public figures to add his thoughts on UAPs and the Pentagon report this month.

Barack Obama: ‘There’s footage and records.’ Photograph: Larry Marano/Rex/Shutterstock

“There’s footage and records of objects in the skies, that we don’t know exactly what they are, we can’t explain how they moved, their trajectory,” Obama said in an interview with CBS. “They did not have an easily explainable pattern. And so, you know I think that people still take seriously trying to investigate and figure out what that is.”

The sincerity of the discussion around UAPs – “I want us to take it seriously and have a process to take it seriously,” the Republican senator Marco Rubio told 60 Minutes – is a far cry from the jeers Pope once faced.

So what has changed in America?

“In the last three years it has been elevated above just hearsay and segued into hard evidence,” said Pope, who is now based in Arizona, said. “Not just the testimony from military pilots who’ve been involved in encounters with these things, but radar data and the infra-red camera videos that everyone’s seen.”

In recent years a series of government videos showing UAPs, have been released, including footage from a navy F-18 fighter jet which showed an oblong object flying through the sky near San Diego in 2004.

This April photos and videos taken by navy personnel were leaked online, showing triangular-shaped objects buzzing around in the sky, and in May leaked military footage showed an oval flying object near a navy ship in San Diego – an apparent UAP hotspot.

Members of the navy saw UAPs so frequently that the encounters became commonplace, Ryan Graves, a retired navy pilot, told 60 Minutes.

“Every day,” Graves said. “Every day for at least a couple years.”

For Ted Roe, who runs the National Aviation Reporting Center on Anomalous Phenomena, a non-profit where pilots or others can report their experiences with UAPs, this was merely confirmation of what he already knew.

This picture, taken through the window of a laboratory by a 21-year-old US coastguard, shows four unidentified flying objects as bright lights in the sky, at Salem, Massachusetts, in August 1952. Photograph: Popperfoto

“That doesn’t surprise me at all,” Roe said. “Somewhere in the world every day this is happening – it manifests steadily, daily. And from my private conversations with current and former military fliers I feel that the reports that I get – as far as pilot reports – are clearly the tip of the iceberg.”

But for all the apparent easing of taboo around UAPs, Roe says there is still a stigma.

“Nobody is willing to risk their careers or reputation on this subject, even now,” Roe said. “Pilots won’t contact us until they retire. I’d say it’s almost 50-50, the cases I get, that are more recent, versus those that happened years ago and they didn’t want to talk about because they would lose their flight status, and because they were worried about their careers.”

The government – all governments – have previously been reluctant to even acknowledge that they monitor UAPs.

In 2007 the US defense department launched an “Advanced aerospace threat identification program” to investigate UFOs. The effort was so secretive that the public was only made aware of it 10 years later, after a New York Times investigation.

As leaked or officially published footage has spread, however, demands for transparency from the public and politicians has grown, prompting the CIA to release thousands of documents on UAPs in January 2021.

Rubio, the vice-chair of the Senate intelligence committee, has been a particularly loud voice, and he was part of a group of elected officials who succeeded in thrusting the Intelligence Authorization Act for fiscal year 2021 into the $2.3tn coronavirus relief spending bill signed into law by Donald Trump in December.

This video grab image obtained 28 April 2020 shows part of an unclassified video taken by navy pilots showing interactions with ‘unidentified aerial phenomena’. Photograph: DoD/AFP via Getty Images

That act ordered government agencies to provide a declassified “detailed analysis of unidentified aerial phenomena data and intelligence”, and “a detailed description of an interagency process” for reporting UFOs. The report must be handed over by 25 June.

“Men and women we have entrusted with the defense of our country are reporting encounters with unidentified aircraft with superior capabilities,” Rubio told the Tampa Bay Times in mid-May.

“We cannot allow the stigma of UFOs to keep us from seriously investigating this. The forthcoming report is one step in that process, but it will not be the last.”

The flurry of recent videos and the imminent release of the report has ignited an excitement around unidentified flying things not seen for years. Pope warned, however, that after years of furtiveness from intelligence agencies, people should not expect the government to release すべての it knows about these mysterious objects in the sky.

“The report must be unclassified, but it could have a classified annex, so there’s a strong possibility that any earth-shattering facts will be in that classified annex, rather than the unclassified report,” Pope said.

He added: “So people should be excited, but not too excited. They should be pragmatic, and a little expectation management might be useful.”


‘From hearsay to hard evidence’: are UFOs about to go mainstream?

N ick Pope spent the early 1990s investigating UFOs for the British ministry of defence. Sequestered in a rarely visited government office – the “metaphorical basement” – he well remembers how his field of work was regarded.

“I would walk down the corridor and people would whistle the theme music to either Close Encounters of the Third Kind or the Twilight Zone,” Pope told the Guardian.

Towards the end of his spell at the MoD, a new science fiction show featuring a pair of FBI alien hunters was also growing in popularity. “I do recall the X-Files theme tune being whistled, too,” he said.

In the nearly two decades since then, attitudes towards UFOs have slowly been changing, especially in America where the subject matter has gone from the margins to the mainstream, with even former president Barack Obama opining on their potential existence.

Rebranded by governments and enthusiasts as “UAPs”, or unidentified aerial phenomena, 2021 has seen arguably the first ever serious discussion of unknown flying things. In June the Pentagon is set to release a highly anticipated report on what it knows about UAPs, and the excitement about that disclosure has been fueled by a slew of witnesses coming forward to share their experiences with the 60 Minutes news show in May.

Obama was among many public figures to add his thoughts on UAPs and the Pentagon report this month.

Barack Obama: ‘There’s footage and records.’ Photograph: Larry Marano/Rex/Shutterstock

“There’s footage and records of objects in the skies, that we don’t know exactly what they are, we can’t explain how they moved, their trajectory,” Obama said in an interview with CBS. “They did not have an easily explainable pattern. And so, you know I think that people still take seriously trying to investigate and figure out what that is.”

The sincerity of the discussion around UAPs – “I want us to take it seriously and have a process to take it seriously,” the Republican senator Marco Rubio told 60 Minutes – is a far cry from the jeers Pope once faced.

So what has changed in America?

“In the last three years it has been elevated above just hearsay and segued into hard evidence,” said Pope, who is now based in Arizona, said. “Not just the testimony from military pilots who’ve been involved in encounters with these things, but radar data and the infra-red camera videos that everyone’s seen.”

In recent years a series of government videos showing UAPs, have been released, including footage from a navy F-18 fighter jet which showed an oblong object flying through the sky near San Diego in 2004.

This April photos and videos taken by navy personnel were leaked online, showing triangular-shaped objects buzzing around in the sky, and in May leaked military footage showed an oval flying object near a navy ship in San Diego – an apparent UAP hotspot.

Members of the navy saw UAPs so frequently that the encounters became commonplace, Ryan Graves, a retired navy pilot, told 60 Minutes.

“Every day,” Graves said. “Every day for at least a couple years.”

For Ted Roe, who runs the National Aviation Reporting Center on Anomalous Phenomena, a non-profit where pilots or others can report their experiences with UAPs, this was merely confirmation of what he already knew.

This picture, taken through the window of a laboratory by a 21-year-old US coastguard, shows four unidentified flying objects as bright lights in the sky, at Salem, Massachusetts, in August 1952. Photograph: Popperfoto

“That doesn’t surprise me at all,” Roe said. “Somewhere in the world every day this is happening – it manifests steadily, daily. And from my private conversations with current and former military fliers I feel that the reports that I get – as far as pilot reports – are clearly the tip of the iceberg.”

But for all the apparent easing of taboo around UAPs, Roe says there is still a stigma.

“Nobody is willing to risk their careers or reputation on this subject, even now,” Roe said. “Pilots won’t contact us until they retire. I’d say it’s almost 50-50, the cases I get, that are more recent, versus those that happened years ago and they didn’t want to talk about because they would lose their flight status, and because they were worried about their careers.”

The government – all governments – have previously been reluctant to even acknowledge that they monitor UAPs.

In 2007 the US defense department launched an “Advanced aerospace threat identification program” to investigate UFOs. The effort was so secretive that the public was only made aware of it 10 years later, after a New York Times investigation.

As leaked or officially published footage has spread, however, demands for transparency from the public and politicians has grown, prompting the CIA to release thousands of documents on UAPs in January 2021.

Rubio, the vice-chair of the Senate intelligence committee, has been a particularly loud voice, and he was part of a group of elected officials who succeeded in thrusting the Intelligence Authorization Act for fiscal year 2021 into the $2.3tn coronavirus relief spending bill signed into law by Donald Trump in December.

This video grab image obtained 28 April 2020 shows part of an unclassified video taken by navy pilots showing interactions with ‘unidentified aerial phenomena’. Photograph: DoD/AFP via Getty Images

That act ordered government agencies to provide a declassified “detailed analysis of unidentified aerial phenomena data and intelligence”, and “a detailed description of an interagency process” for reporting UFOs. The report must be handed over by 25 June.

“Men and women we have entrusted with the defense of our country are reporting encounters with unidentified aircraft with superior capabilities,” Rubio told the Tampa Bay Times in mid-May.

“We cannot allow the stigma of UFOs to keep us from seriously investigating this. The forthcoming report is one step in that process, but it will not be the last.”

The flurry of recent videos and the imminent release of the report has ignited an excitement around unidentified flying things not seen for years. Pope warned, however, that after years of furtiveness from intelligence agencies, people should not expect the government to release すべての it knows about these mysterious objects in the sky.

“The report must be unclassified, but it could have a classified annex, so there’s a strong possibility that any earth-shattering facts will be in that classified annex, rather than the unclassified report,” Pope said.

He added: “So people should be excited, but not too excited. They should be pragmatic, and a little expectation management might be useful.”


‘From hearsay to hard evidence’: are UFOs about to go mainstream?

N ick Pope spent the early 1990s investigating UFOs for the British ministry of defence. Sequestered in a rarely visited government office – the “metaphorical basement” – he well remembers how his field of work was regarded.

“I would walk down the corridor and people would whistle the theme music to either Close Encounters of the Third Kind or the Twilight Zone,” Pope told the Guardian.

Towards the end of his spell at the MoD, a new science fiction show featuring a pair of FBI alien hunters was also growing in popularity. “I do recall the X-Files theme tune being whistled, too,” he said.

In the nearly two decades since then, attitudes towards UFOs have slowly been changing, especially in America where the subject matter has gone from the margins to the mainstream, with even former president Barack Obama opining on their potential existence.

Rebranded by governments and enthusiasts as “UAPs”, or unidentified aerial phenomena, 2021 has seen arguably the first ever serious discussion of unknown flying things. In June the Pentagon is set to release a highly anticipated report on what it knows about UAPs, and the excitement about that disclosure has been fueled by a slew of witnesses coming forward to share their experiences with the 60 Minutes news show in May.

Obama was among many public figures to add his thoughts on UAPs and the Pentagon report this month.

Barack Obama: ‘There’s footage and records.’ Photograph: Larry Marano/Rex/Shutterstock

“There’s footage and records of objects in the skies, that we don’t know exactly what they are, we can’t explain how they moved, their trajectory,” Obama said in an interview with CBS. “They did not have an easily explainable pattern. And so, you know I think that people still take seriously trying to investigate and figure out what that is.”

The sincerity of the discussion around UAPs – “I want us to take it seriously and have a process to take it seriously,” the Republican senator Marco Rubio told 60 Minutes – is a far cry from the jeers Pope once faced.

So what has changed in America?

“In the last three years it has been elevated above just hearsay and segued into hard evidence,” said Pope, who is now based in Arizona, said. “Not just the testimony from military pilots who’ve been involved in encounters with these things, but radar data and the infra-red camera videos that everyone’s seen.”

In recent years a series of government videos showing UAPs, have been released, including footage from a navy F-18 fighter jet which showed an oblong object flying through the sky near San Diego in 2004.

This April photos and videos taken by navy personnel were leaked online, showing triangular-shaped objects buzzing around in the sky, and in May leaked military footage showed an oval flying object near a navy ship in San Diego – an apparent UAP hotspot.

Members of the navy saw UAPs so frequently that the encounters became commonplace, Ryan Graves, a retired navy pilot, told 60 Minutes.

“Every day,” Graves said. “Every day for at least a couple years.”

For Ted Roe, who runs the National Aviation Reporting Center on Anomalous Phenomena, a non-profit where pilots or others can report their experiences with UAPs, this was merely confirmation of what he already knew.

This picture, taken through the window of a laboratory by a 21-year-old US coastguard, shows four unidentified flying objects as bright lights in the sky, at Salem, Massachusetts, in August 1952. Photograph: Popperfoto

“That doesn’t surprise me at all,” Roe said. “Somewhere in the world every day this is happening – it manifests steadily, daily. And from my private conversations with current and former military fliers I feel that the reports that I get – as far as pilot reports – are clearly the tip of the iceberg.”

But for all the apparent easing of taboo around UAPs, Roe says there is still a stigma.

“Nobody is willing to risk their careers or reputation on this subject, even now,” Roe said. “Pilots won’t contact us until they retire. I’d say it’s almost 50-50, the cases I get, that are more recent, versus those that happened years ago and they didn’t want to talk about because they would lose their flight status, and because they were worried about their careers.”

The government – all governments – have previously been reluctant to even acknowledge that they monitor UAPs.

In 2007 the US defense department launched an “Advanced aerospace threat identification program” to investigate UFOs. The effort was so secretive that the public was only made aware of it 10 years later, after a New York Times investigation.

As leaked or officially published footage has spread, however, demands for transparency from the public and politicians has grown, prompting the CIA to release thousands of documents on UAPs in January 2021.

Rubio, the vice-chair of the Senate intelligence committee, has been a particularly loud voice, and he was part of a group of elected officials who succeeded in thrusting the Intelligence Authorization Act for fiscal year 2021 into the $2.3tn coronavirus relief spending bill signed into law by Donald Trump in December.

This video grab image obtained 28 April 2020 shows part of an unclassified video taken by navy pilots showing interactions with ‘unidentified aerial phenomena’. Photograph: DoD/AFP via Getty Images

That act ordered government agencies to provide a declassified “detailed analysis of unidentified aerial phenomena data and intelligence”, and “a detailed description of an interagency process” for reporting UFOs. The report must be handed over by 25 June.

“Men and women we have entrusted with the defense of our country are reporting encounters with unidentified aircraft with superior capabilities,” Rubio told the Tampa Bay Times in mid-May.

“We cannot allow the stigma of UFOs to keep us from seriously investigating this. The forthcoming report is one step in that process, but it will not be the last.”

The flurry of recent videos and the imminent release of the report has ignited an excitement around unidentified flying things not seen for years. Pope warned, however, that after years of furtiveness from intelligence agencies, people should not expect the government to release すべての it knows about these mysterious objects in the sky.

“The report must be unclassified, but it could have a classified annex, so there’s a strong possibility that any earth-shattering facts will be in that classified annex, rather than the unclassified report,” Pope said.

He added: “So people should be excited, but not too excited. They should be pragmatic, and a little expectation management might be useful.”


‘From hearsay to hard evidence’: are UFOs about to go mainstream?

N ick Pope spent the early 1990s investigating UFOs for the British ministry of defence. Sequestered in a rarely visited government office – the “metaphorical basement” – he well remembers how his field of work was regarded.

“I would walk down the corridor and people would whistle the theme music to either Close Encounters of the Third Kind or the Twilight Zone,” Pope told the Guardian.

Towards the end of his spell at the MoD, a new science fiction show featuring a pair of FBI alien hunters was also growing in popularity. “I do recall the X-Files theme tune being whistled, too,” he said.

In the nearly two decades since then, attitudes towards UFOs have slowly been changing, especially in America where the subject matter has gone from the margins to the mainstream, with even former president Barack Obama opining on their potential existence.

Rebranded by governments and enthusiasts as “UAPs”, or unidentified aerial phenomena, 2021 has seen arguably the first ever serious discussion of unknown flying things. In June the Pentagon is set to release a highly anticipated report on what it knows about UAPs, and the excitement about that disclosure has been fueled by a slew of witnesses coming forward to share their experiences with the 60 Minutes news show in May.

Obama was among many public figures to add his thoughts on UAPs and the Pentagon report this month.

Barack Obama: ‘There’s footage and records.’ Photograph: Larry Marano/Rex/Shutterstock

“There’s footage and records of objects in the skies, that we don’t know exactly what they are, we can’t explain how they moved, their trajectory,” Obama said in an interview with CBS. “They did not have an easily explainable pattern. And so, you know I think that people still take seriously trying to investigate and figure out what that is.”

The sincerity of the discussion around UAPs – “I want us to take it seriously and have a process to take it seriously,” the Republican senator Marco Rubio told 60 Minutes – is a far cry from the jeers Pope once faced.

So what has changed in America?

“In the last three years it has been elevated above just hearsay and segued into hard evidence,” said Pope, who is now based in Arizona, said. “Not just the testimony from military pilots who’ve been involved in encounters with these things, but radar data and the infra-red camera videos that everyone’s seen.”

In recent years a series of government videos showing UAPs, have been released, including footage from a navy F-18 fighter jet which showed an oblong object flying through the sky near San Diego in 2004.

This April photos and videos taken by navy personnel were leaked online, showing triangular-shaped objects buzzing around in the sky, and in May leaked military footage showed an oval flying object near a navy ship in San Diego – an apparent UAP hotspot.

Members of the navy saw UAPs so frequently that the encounters became commonplace, Ryan Graves, a retired navy pilot, told 60 Minutes.

“Every day,” Graves said. “Every day for at least a couple years.”

For Ted Roe, who runs the National Aviation Reporting Center on Anomalous Phenomena, a non-profit where pilots or others can report their experiences with UAPs, this was merely confirmation of what he already knew.

This picture, taken through the window of a laboratory by a 21-year-old US coastguard, shows four unidentified flying objects as bright lights in the sky, at Salem, Massachusetts, in August 1952. Photograph: Popperfoto

“That doesn’t surprise me at all,” Roe said. “Somewhere in the world every day this is happening – it manifests steadily, daily. And from my private conversations with current and former military fliers I feel that the reports that I get – as far as pilot reports – are clearly the tip of the iceberg.”

But for all the apparent easing of taboo around UAPs, Roe says there is still a stigma.

“Nobody is willing to risk their careers or reputation on this subject, even now,” Roe said. “Pilots won’t contact us until they retire. I’d say it’s almost 50-50, the cases I get, that are more recent, versus those that happened years ago and they didn’t want to talk about because they would lose their flight status, and because they were worried about their careers.”

The government – all governments – have previously been reluctant to even acknowledge that they monitor UAPs.

In 2007 the US defense department launched an “Advanced aerospace threat identification program” to investigate UFOs. The effort was so secretive that the public was only made aware of it 10 years later, after a New York Times investigation.

As leaked or officially published footage has spread, however, demands for transparency from the public and politicians has grown, prompting the CIA to release thousands of documents on UAPs in January 2021.

Rubio, the vice-chair of the Senate intelligence committee, has been a particularly loud voice, and he was part of a group of elected officials who succeeded in thrusting the Intelligence Authorization Act for fiscal year 2021 into the $2.3tn coronavirus relief spending bill signed into law by Donald Trump in December.

This video grab image obtained 28 April 2020 shows part of an unclassified video taken by navy pilots showing interactions with ‘unidentified aerial phenomena’. Photograph: DoD/AFP via Getty Images

That act ordered government agencies to provide a declassified “detailed analysis of unidentified aerial phenomena data and intelligence”, and “a detailed description of an interagency process” for reporting UFOs. The report must be handed over by 25 June.

“Men and women we have entrusted with the defense of our country are reporting encounters with unidentified aircraft with superior capabilities,” Rubio told the Tampa Bay Times in mid-May.

“We cannot allow the stigma of UFOs to keep us from seriously investigating this. The forthcoming report is one step in that process, but it will not be the last.”

The flurry of recent videos and the imminent release of the report has ignited an excitement around unidentified flying things not seen for years. Pope warned, however, that after years of furtiveness from intelligence agencies, people should not expect the government to release すべての it knows about these mysterious objects in the sky.

“The report must be unclassified, but it could have a classified annex, so there’s a strong possibility that any earth-shattering facts will be in that classified annex, rather than the unclassified report,” Pope said.

He added: “So people should be excited, but not too excited. They should be pragmatic, and a little expectation management might be useful.”


ビデオを見る: 山怖 妖怪高知 大野見村での怪異年端もいかない幼児が忽然と姿を消した見つかったその体には (十一月 2021).